2021年12月21日火曜日

【IP ISSUE】 医療ロボット特許の出願動向

 医療ロボットの特許はどれくらい出願されたのか

様々な産業で活用されているロボット(Robot)技術は人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)、クラウド(Cloud Computing)、AR(拡張現実)などもっと高度化されています。二重医療サービスを提供するロボット産業も持続的に成長しています。 医療ロボットには、手術遂行/補助またはシミュレーション関連のロボット、診断/検査用のロボット、リハビリテーションロボット、製薬ロボットなどがあります。マッコーリーコンソーシアムによると、世界の医療ロボット市場の規模は2017年の17億ドルから2025年には134億ドル規模に成長し、手術関連ロボットは市場の約70%以上を占めているといわれています。それでは医療ロボット関連特許はどのくらい出願されたか紹介していきたいと思います。今回の特許動向では、最近20年間医療ロボット関連特許の出願の流れを見ていきたいと思います。


▲医療ロボット市場規模(サービスロボット市場動向、情報通信技術振興センター、2017)


最近20年間の出願推移は?

米国、中国、韓国、日本、欧州で出願された医療関連ロボット特許は2000年代から増加していましたが、2015年以降急激に増加されました。特に中国出願が急激に増えました。全体出願規模側面からも米国を追い越した状況です。現在、特許全体の約43%が中国から出願されており、米国は約28%を占めています。中国政府(国家食品医薬品監督管理総局)によると、中国医療ロボット市場は2014年以降、年平均10%の成長をし、2018年には1億3千万ドル(1億3千万ドル)を超え、今後約5年間、年平均15%の成長を続けていくと予想しています。過去には積極的な政府の政策を基にリハビリテーションロボット中心に成長しましたが、これからは手術ロボットが主になると予想されています。 




特許を最も多く出願した企業は?

1995年に設立されたIntuitive Surgicalは手術用ロボット「ダ·ヴィンチ」で、手術ロボット界を支配しています。特許出願も最多です。2位のCovidienは手術縫合装置などの医療機器メーカーです。外科手術ロボット関連特許を多数出願しています。2015年、多国籍医療機器、サービス、ソリューション専門企業であるMedtronicに買収されました。Medtronicは2018年、脊椎手術ロボット企業Mazor Roboticsを買収し、規模を拡大させました。



3位のEthiconと4位のAuris Healthは、グローバルヘルスケア社のJ&Jが買収した子会社で、手術ロボット専門企業です。また、J&JはAlpabetとの合弁で設立した手術ロボット関連企業のVerb Surgicalの残りを買収し、多くの特許を確保しています。J&J (Family of Companies)全体を見れば出願規模が小さくありません。実はJ&JとMedtronicは、手術ロボット企業のM&Aを持続的に推進してきました。業界最強者のIntuitive Surgicalとその後を追うMedtronic、J&Jの競争構図で、今後どのような変化があるか期待しております。



国別出願の割合をみると、中国出願人は自国に出願が非常に集中していますが、オランダのPhilipsとイギリスのCMR Surgicalは全般的に均等に出願している状況です。CMR Surgicalは、手術ロボット関連のスタートアップであり、手術用ロボットシステム「ベルシウス(Versius)」を開発しています。2014年の創立以来、10億ドルの投資金を確保しており、現在の価値が30億ドルと評価されるなど、注目を集めている企業です。

https://youtu.be/Q3OnXsewa-A

▲CMR Surgicalロボットシステム紹介YouTube


特許の競争力を確認してます。

特許は量だけでなく質が重要です。次は、WIPS Globalのスマートアングルを活用して、上位出願人のIP競争力を確認します。質的レベルとともに、商業的技術レベルをも確認することができます。出願人 / 出願人の国籍による技術影響力指数(CPP)、市場支配力(PFS)の分析結果を活用しました。1、2位間の対照的な結果となっています。Intuitive Surgicalは相対的に市場支配力が強いが、Ethiconは技術影響力が強いことがわかりました。


▲ WIPS Globalスマートアングル > IP競争力分析

一方で、Auris Healthは、市場支配力は弱いですが、技術影響力は平均以上に属します。Abbottも似たような傾向があります。 2017年米国の医療機器専門企業Abbottに買収されたセントジュードメディカルの特許で、1976年に設立されたセントジュードメディカルは心臓関連の診断及び治療に特化されています。人工心臓弁膜を開発し、その後、世界で初めて4極電極システムを基にした心臓除細動器を発売しました。主に心血管治療に活用できるカテーテル(手術用細いもの)ロボットシステム関連特許を出願しました。


国別Top5出願人は?

中国は2016年、産業用ロボット市場を積極的に育成しています。中国の国家研究機関である中国科学院(CAS)とハルビン工業大学の出願が最上位圏であることが明らかになりました。5位のEdge Medicalも有名です。2017年に設立された医療ロボットのスタートアップであり、最小侵襲手術が可能な腹腔鏡手術ロボットを開発しており、最近9000万ドルの投資を受けたそうです。

一方で、米国は全体順位上、最上位圏の企業がほとんどです。この中で、Globus Medicalについて紹介すると、2003年に米国に設立され、人工関節など整形外科関連のロボットシステム企業として脊椎インプラント市場を先導しております。




次に韓国、日本、欧州の上位出願人について見てみましょう。韓国はIntuitive Surgical以外に、ミレカンパニーとキュレックソの出願が最も多く、漢陽大学とサムスン電子の順です。1984年に設立されたミレカンパニーは産業用品企業からスタートしましたが、事業の多角化のために手術ロボットや3Dセンサー市場に進出しました。腹腔鏡手術ロボットのRevo-iを販売しています。2006年に設立されたキュレックソは、韓国1位の人工関節及び脊椎手術ロボットキュービス(Cuvis)を販売しています。サムスン電子も手術ロボットとリハビリロボット関連特許を出願したことが確認されました。


▲ミレカンパニーとキュレクソの手術ロボット


日本はPhilipsとMedicaroidが目立ちます。Philipsは、グローバル医療機器メーカーです。診断装備に関するロボット技術の出願が多いです。Medicaroidは、2013年産業用ロボットで有名な川崎重工業(Kawasaki)と医療診断機器専門企業のシスメックス(Sysmex)が合弁で設立した会社であり、手術ロボットを開発しております。日本初の手術ロボットであるヒノトリ(Hinotori)がMedicaroidの製品です。




核心キーワードは何だろう?

WIPS Globalのスマートクラウドで技術キーワードを見てみましょう。スマートクラウドは、人工知能技術を適用したキーワードクラスタリング結果で、ビジュアルチャートで直感的に技術分布の現況が把握できます。確かに医療ロボット分野では手術ロボットの比重は高い方ですので、手術器具 / ツール(Surgical Instrument / Robot / Tool)関連のキーワードが多いようです。これらを除いてはEnd Effectorが一番多いですね。End Effectorは、ロボットアームにある装置(Device/Tool)で、人に例えると手だと考えられます。 その他、fixedly connected、Connecting Rod、Rehabilitation Training、Tail Endなども確認できます。


▲ WIPS Globalスマートクラウド (画像をクリックすると拡大)

20年間に出願された医療ロボット関連特許動向を紹介しました。医療サービスロボット産業の持続的な成長が予想されていますが、一方では競争が激しくなっています。関連企業が技術優位を占め、市場支配力を拡大するためにどのように動くのか期待しております。


(脚注)

1.サービスロボット技術、どこまで発展してきた? 2017.09.18

(https://www.hellot.net/news/article.html?no=36416)

2.欧米を脅かす中国医療ロボット、どう成長したか 2021.02.08

(https://www.edaily.co.kr/news/read?newsId=01354646628948552&mediaCodeNo=257)

3. CMR Surgical、ソフトバンクなどから6億ドルの投資誘致 2021.6.30

(https://www.irobotnews.com/news/articleView.html?idxno=25449)

4.中国の医療ロボット企業「Edge Medical Robotics」、9260万ドル投資誘致、2021.01.28

(https://www.irobotnews.com/news/articleView.html?idxno=23768)



Japan Tel: +82-2-726-1113, 1107 | Fax: +82-2-777-7334 | wips-jp@wips.co.kr

【WIPS STUDY】 特許ファミリーの検討に有用なファミリーグルーピング

特許は登録された国のみ効力がある属地主義という原則があります。各国の審査制度により審査を実施して特許権を付与するため、一国で特許を取得したとしても、他国で特許を取得できない場合が発生します。このように、複数の国に1つの特許が出願される場合、基本原出願に対する各国の出願がまるで家族のような形になっているため、これらを「特許ファミリー」と呼ばれています。

昨年5月のWIPSマガジン2号で、WIPS Globalのファミリー分析機能について紹介しました。今回はファミリー特許の検討に有用なグルーピング機能について紹介したいと思います。

WIPS Globalのファミリーグルーピングとは、検索結果をファミリー単位でグルーピングしたり、検索結果に同一ファミリーがある場合は、1つのグループにまとめる機能です。 この機能により、国は違っても同じ発明であるファミリー特許について速やかに検討、分析が可能です。10万件の文献を一度にグルーピングすることができ、グルーピング後にも重複文献を除去することができます。


▲ wipsglobal.com> search result


詳しく機能を紹介しますと、

1. 検索結果内で同一ファミリー同士でグルーピングでき、

2. 検索結果には存在しませんが、検索された文献が保有している全てのファミリーを検索結果に含めてグルーピングする 'ファミリー拡張後グルーピング' 機能です。拡張されたファミリー文献は、最初に検索した文献よりも多くの結果をも得ることができます。

3. ファミリーグループ内で代表として確認する文献基準を設定する機能です。出願日基準で並べたり、ファミリー文献に複数の国が含まれている場合、優先的に検討が必要な国順で設定できます。


 ▲ wipsglobal.com> search result > To Extend


一つのファミリーグループの中には一つの代表ファミリー文献と下位文献が存在することになりますが。グルーピング後、下位文献を確認するには、+ボタンをクリックして確認することができます。図のように、4番文献の下に4.1、4.2、4.3と順次番号が付与されるため、検討した文献と区別しやすいです。


▲ wipsglobal.com> search result

ファミリー文献を選択してマイフォルダに保存したり、スマートアングルなどで追加分析したい場合、全ての文献を選択したり、代表文献のみ選択することができます。


▲ wipsglobal.com> search result > download


ファミリー文献をダウンロードして確認することもできます。ファミリー文献に同一の「ファミリーID」を提供し、ダウンロードしたExcelファイルの「ファミリーID」列で確認できます。詳しい内容を確認したい場合、使うととても便利です。ただ、ファミリー文献は時間が経つとファミリー関係が変わることもあるので、ダウンロードのタイミングによってはファミリーIDが変わることはご注意ください。



Japan Tel: +82-2-726-1113, 1107 | Fax: +82-2-777-7334 | wips-jp@wips.co.kr

2021年12月15日水曜日

【IP ISSUE】 最新情報

US

米国特許商標庁、商標現代化法の施行を発表

• 2021年11月17日、米国特許商標庁(USPTO)は2020年商標現代化法(Trademark Modernization Act)を12月18日から施行すると発表しました。

(背景) 商標現代化法は、商標の審査と手続きを現代化する目的であり、2020年12月27日、米国議会で通過

・ 商標現代化法による新しい商標権の取消手続きは、不正確な商標及び不使用商標の登録により商標登録簿の整合性が損なわれ、商標価値が低下される問題を解決するのに役立つものと期待されます。


(主要内容) 

(1) 不使用登録商標を取り消すための新たな手続

① 商標抹消手続き(Ex Parte Expungement Procedure)

 ·当該商標を使用した登録商品またはサービスが一度も商業的に使用されたことがない場合、当該商標に対して本手続きを提起することができますが、このような異議申し立ては商標登録後3-10年以内に行わなければなりません。

· 既存の商標審判院(TTAB)が行われる商標取消手続きより早く、効率的で費用も安いです。

② 商標再審査手続き(Ex Parte Reexamination Procedure)

·第三者は、特定日以前に商品及びサービスに関する商標が商業的に使用されていないことを理由とし、登録された商標について一部または全部の取消を要請することができます。

・すなわち、商標の最初の商業的使用日について異議を提起することができる手続きであり、商標登録の優先順位に影響することができる一方、このような異議提起は商標登録後5年以内に行わなければなりません。

·このような手続きにより取消になった商品及びサービスに対する商標は、登録商標として扱われません。

(2) 既存の手続きの変更

① TTAB取消手続きに対する新たな抹消根拠

·当事者は登録商標が商業的に使用されたことがないという新しい抹消根拠を理由とし、TTABに登録商標の取消を要請することができます。

·上記の取消要請は登録日から3年が経過すると、いつでも利用でき、既存の不使用などの取消理由はこのような新規抹消根拠に影響しません。

② USPTOに対する応答期限の短縮

・商標出願人または商標権者は出願審査中、発給された審査官措置(office action)に対して3ヶ月以内に返答しなければならず、返答に対する3ヶ月延長を要請することができるます。(1回、手数料125ドル)

・最初の3ヶ月以内に延長要請や返事をしない場合、出願が取り消され、登録が取消、または満了されます。

・ただし、これに関する情報技術システムの変更により、同規定の施行は2022年12月1日まで延期される予定。

③ 審査中の第三者の提出 : 抗議書(letter of protest)

・商標出願に対する審査中に第三者が審査拒絶事由に関する証拠を提出できる手続きにより審査官は提出された証拠に対し2か月以内に採択の可否を決定しなければなりません。

・抗議書に対するUSPTO長官の決定は最終的かつこれ以上再検討できないと規定します。


EP

 欧州知的財産庁、世界知的財産権機関と商標用語の統一化努力を継続

・2021年10月28日、欧州知的財産庁(EUIPO)は世界知的財産権機関(WIPO)と商標出願過程で必要な外国語翻訳において商標用語の対応のための努力を続けていると紹介した。

(概要) EUIPOの「統合データベース(Harmonized Database, HDB)」とWIPOの「マドリード商品 ・ サービス管理者(Madrid Goods & Services Manager)」サービスは商標出願人と代理人の商品 · サービスリスト作成をサポートするオンラインサービスである。

・ EUIPOのHDBには48カ国の特許庁が承認した約7万以上の用語が収録されており、商標出願する際に特定用語を選択すると、それに対応されるすべての言語に翻訳される。

・ WIPOのマドリード商品 ・ サービス管理者サービスには約40カ国の言語が含まれており、翻訳は主に代表言語である英語、フランス語、スペイン語でサービスされますが、韓国語、ペルシア語などでも提供される。


(主要内容) EUIPOとWIPOは過去2年間、言語の調和のために緊密に協力してき、現在2つのデータベース間の差が著しく減少している。

・ 両機関は新しい用語のリストを交換し、翻訳の不一致リストを共有しながら、オランダ語、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、スペイン語の7ヶ国語を重点的に調和させた。

・ 調和された用語は初年度10,099個、2年目には12,238個で21%増加され、個別言語の場合、英語6%、フランス語7%、スペイン語6%、ドイツ語64%、イタリア語56%、オランダ語34%、ポルトガル語1%が増加された。

・ 2つのデータベースで用語を一致させる作業は、商標出願人が正確な用語を使用できるようにし、商品 ・ サービス分類表作成のエラーを減らす。

・ これにより、サービス利用者は商標登録にかかる時間と費用負担を軽減し、より円滑な商標登録手続きを進めることができる。



Japan Tel: +82-2-726-1113, 1107 | Fax: +82-2-777-7334 | wips-jp@wips.co.kr

2021年11月26日金曜日

【IP ISSUE】 特許権誓約を宣言したEA

世界的なゲーム会社Electronic Arts

Electronic Arts (EA)は、APPLEのマーケティング ・ 戦略担当取締役であったトリップ ・ ホーキンスが設立したゲーム会社です。様々なスポーツゲームやシムズシリーズ、APEXレジェンドなど、多くのゲームを成功させたナスダック100大企業です。EAはゲームで善良な影響力を与えるために様々な努力をしてきましたが、今回は体の不自由な人でもゲームを楽しめるよう特許を公開しました。


▲ ea.com <Electronic Arts ホームページ>


特許権誓約(Patent Pledge)とは?

EAは先月、自社特許5件をすべての開発者が使用できるよう「特許権誓約(Patent Pledge)」を宣言しました。特許権の誓約とは、他の人が使用することは許可し、権利は維持することです。望む方向と異なる方向で特許が使用される場合、権利を主張することができます。EAは障害または医学的な問題あるプレイヤーがゲームを楽しむことにハードルがないように今回の誓約を進行しました。特許関連コードはコード共有サイトGitHubにより世界中の誰も使用できます。


▲ pixabay.com


EAが公開した5つの特許

EAが今回公開した特許はアクセス向上をサポートする5つの技術です。その中で最も目を引かれる特許は、ビデオゲーム内の状況認識コミュニケーションシステム(US11097189)です。この特許は、話せない状況でも簡単な操作で状況に合う言葉を代わりにしてくれるシステムです。APEXレジェンドでは「ピングシステム」と呼ばれ、この技術を使って問題なくコミュニケーションができるので好評を博しました。これだけでなく、聴覚に問題がある人をサポートする特許(US 10790919)1つと色弱をサポートする特許(US10118097、CN107694092)そして明暗比を調節する特許(US10878540)まで、計5つの特許を公開しました。


▲ wipsglobal.com <ビデオゲーム内の状況認識コミュニケーションシステム特許>


色んな人がゲームを楽しめる 「EA」の夢

EAはゲームを超えて様々な人のニーズを満たすことは必須だと言いました。そのため、EAは継続的に特許誓約を進めていく予定だそうです。また、他の開発者もこの技術を応用し、より良い環境を構築することを希望していると言いました。みんながゲームを楽しめるEAの夢が実現できることを期待しています。



Japan Tel: +82-2-726-1113, 1107 | Fax: +82-2-777-7334 | wips-jp@wips.co.kr


2021年10月28日木曜日

【WIPS STUDY】 関心企業の特許買入現況の把握

譲受人の権利変動有無の検索方法

保有する権利の競争に備えるためには関心企業の特許を確認する必要があります。特に、競争関係にあれば定期的に確認しなければなりません。そしたら、興味のある企業の買入特許だけを分類して調べたい時はどうすればいいのでしょう。今回の検索チップでは、WIPS Globalが提供する権利変動有無フィールドを活用して、特定企業の特許買入状況を確認する方法をご紹介します。


譲受人と権利変動有無フィールドを活用

"譲受人"フィールドと"権利変動有無"フィールドを活用して検索すると、関心企業の特許買入状況を把握することができます。それではAppleの取得特許を確認してみます。譲受人検索フィールドにAppleを入力し、権利変動の有無に関するフィールドの"あり"をチェックして検索します。検索式をみると、譲受人のフィールド指定演算子がASNEであることがわかります。権利変動有無の場合、ありはYESのY、なしはNOのNと入力され、フィールド指定演算子はRCです。


▲www.wipsglobal.com WIPS Global 特許検索

検索結果を確認してみると、Appleが譲受した特許リストが出てきました。譲渡タイプや譲受時期など、より詳しい情報を把握したいことであれば特許行政事項を見てください。検索結果から文献を選択した後、行政タブを確認すると詳細なヒストリーが確認できます。


▲www.wipsglobal.com WIPS Global 特許検索


▲www.wipsglobal.com WIPS Global 特許検索 > 詳細 > 行政事項


定期的に買入特許を検索する場合、WIPS Global マイフォルダに検索式を保存して使用するか、または、ユーザーが設定した条件に該当する文献情報がアップデートされる時、電子メール通知を提供するモニタリングサービス"SDI"を申請して変動のお知らせを受けることができます。


本日は、関心企業の買い取り特許を確認できる方法をご紹介いたしました。 それ以外にも権利変動有無を示すフィールドを他のフィールドと組み合わせるとより精巧にフィルタリングできますので、ニーズに合わせて様々にご活用ください。



Japan Tel: +82-2-726-1113, 1107 | Fax: +82-2-777-7334 | wips-jp@wips.co.kr

【IP ISSUE】 医療ロボット特許の出願動向

 医療ロボットの特許はどれくらい出願されたのか 様々な産業で活用されているロボット(Robot)技術は人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)、クラウド(Cloud Computing)、AR(拡張現実)などもっと高度化されています。二重医療サービスを提供するロボット産業...