2023年2月3日金曜日

【IP ISSUE】私たちの食卓を守って!「アグリテック」

深刻な気候変化と国間の紛争、農作物生産量の低下によって世界の食糧危機はどんどん深化しています。もう伝統的な農業方式で我々の食卓を守れない状況が近づいているのです。
今回の投稿では先端IT技術で農業革新を成し遂げる「アグリテック(Agritech)」について調べてみたいと思います。

▲ Clipartkorea.co.kr

シャベルの代わりにAIとビッグデータで農業をする「アグリテック」

アグリテック(農業テック、Agritech)とは、農業(Agriculture)と技術(Tech)を組み合わせた造語で、伝統産業である農業とAI(人工知能)、ビッグデータ分析など先端のIT技術が融合して農産物栽培から生産、流通、管理まで農業革新のための一連の技術開発と活動などを言います。

アグリテックを先導する主要技術としては、比較的に慣れている「スマートファーム」が代表的です。
スマートファームは言葉通り、知能化された農業システムを言います。モノのインターネット、ビッグデータ、AIなどのスマートファーム技術を利用して農作物の栽培と生産、流通などのすべての過程の効率性と便利性を高められます。

ディープラーニングで農作物の状態をチェック

農事の成敗は栽培する農作物の健康状態にかかっています。特に農作物の病虫害はその大きさと種類がそれぞれなので、人が目で認識するのが難しい場合もあります。韓国の一つの企業では、ディープラーニング分析で病虫害の迅速な判別と正確な健康状態を確認できるシステム技術を開発しました。

▲ Wipsglobal.com、KR 10-2478723 B1、「農作物病虫害モニタリング方法及び農作物病虫害モニタリングシステム」

この技術は統合システムに入力された農作物イメージを基にリアルタイムで農作物の健康状態をモニタリングして、もし農作物が病虫害にやられた場合、該当病虫害の種類と深刻度分析はもちろん、隣の農家への病虫害電波度まで予測して事前予防をサポートするそうです。

IoTで植物栽培と畜舎管理まで

最近家庭でも簡単に植物を育てられる「植物栽培機」が続々リリースされて多く人気を集めています。
しかし今までの植物栽培機は、植物の各品種と成長過程が反映された栽培環境の造成と光源モジュールの制御が難しかったです。
そこで韓国の「SK Magic」はこのようなポイントを補完するために、IoT(モノのインターネット)を利用したスマート栽培機用の光源モジュールと植物栽培システムを開発しました。

▲ Wipsglobal.com、KR 10-2475601 B1、「IoTを利用したスマート植物栽培機用の光源モジュール、スマート植物栽培機及びスマート植物栽培システム」

この技術は、時間による自然光の変化を自動的に反映、制御する光源モジュールが植物栽培機に搭載された各植物種子に透過される照度を設定できて、IoT機能を通じて植物栽培機とつながっているユーザーの携帯に栽培中の植物の成長過程も送信できるそうです。

IoTはウイルス感染に衰弱した家畜の畜舎消毒と殺菌システムもサポートできます。
該当技術はIoTを利用してシステムとつながっているユーザーのスマートフォンを通じて畜舎の内部映像から湿・温度、悪臭のセンサー測定値をモニタリングできて、畜舎のUV殺菌消毒装置も遠隔で制御できる技術です。

▲ Wipsglobal.com、KR 10-2357974 B1、「モノのインターネットを利用した畜舎感染予防及び殺菌消毒システムとその方法」

今後は農具も自律走行時代

自律走行技術は今では自動車産業でのみ確認できる技術ではありません。
もう農場と耕作地でも人の代わりに自ら働くトラクターとロボットを見かけることができます。
高齢化と人手不足現象が加速している農村に自律走行トラクターとロボットの登場は干天の慈雨です。

既にグローバル農機&トラクター製造企業である「John Deere」は、完全自律走行トラクターである「8R」を公開しています。
8Rは、運転者がいなくても種まきや地ならし、運転まですべて自律で走行が可能だそうです。

韓国の企業たちもこの自律走行トラクター開発に力を入れています。
農機専門企業の「TYM」は、運転者の操作なしで自律的に経路を作って追いていける自律走行トラクター技術を開発しました。

▲ Wipsglobal.com、KR 10-1339750 B1、「自律走行トラクター」

TYMは既にこの自律走行トラクターの商用化を目の前にしていて、もうすぐリリースする計画だそうです。

自律走行技術は、農業用のロボットにも適用されます。
この技術はエコ除草ロボットに搭載された自律走行システムで、カメラセンサーとGPSを通じて除草が必要な位置に自ら移動して除草を実行する技術です。

▲ Wipsglobal.com、KR 10-2389379 B1、「除草ロボットの自律走行システム」

人類の食べ物を守るアグリテック

世界的に深刻な食糧危機を迎えた今、私たちはもちろん次の世代のための食糧問題は既に解決が至急な共通課題になっています。
もちろん、アグリテックが複合的な要素が絡んでいるこの食糧危機を解決する最上の解決策ではないかも知れませんが、食糧危機をIT技術で対応するための開発と努力が集まれば新しい農業革新の希望になると思います。

▲ Clipartkorea.co.kr


Japan Tel: +82-2-726-1113, 1107 | Fax: +82-2-777-7334 | wips-jp@wips.co.kr

2023年1月30日月曜日

【WIPS Global】再審査が行われたアメリカの特許を探してみよう!

再審査が行われたアメリカの特許を検索する方法


特許は登録された後にも権利移転で権利者が変更されたり訂正、再審査などで権利範囲が変更される場合があります。権利者が変更されたときには「権利変動有無フィールド(Assignment)」活用して変動がある文献を確認できますが、権利範囲が変更された場合にはどう確認できるでしょうか?
今回の検索Tipでは、権利範囲が変更されたアメリカの特許を検索する方法についてご紹介したいと思います。

🔑文献種類コードを確認してみましょう!
アメリカの特許は最終権利範囲に対する確認ができるように登録公報、再審査、訂正、補充審査、IPR、PGRなどの類型別の原文を提供しているため、文献種類コードを活用して変更された文献を検索できます。まず、アメリカ特許の権利範囲の変更と関連する文献種類コードを確認してみます。

①Certificate(証明書):特許権者または第3者によって登録された特許に対する再審査、異議申立、補充審査などが発生した場合、これに対する決定文書を通称して「Certificate」という
②Reexamination(再審査):登録以後特許権者または第3者によって登録特許に対する有効性を検証して特許を訂正できる制度を意味する

▲ WIPS Global 「Feild Search(フィールド検索)」

それでは、この文献種類コードを活用して再審査と補充審査が発生した文献を検索してみます。
「文献種類フィールド(Kind Code)」を追加して再審査コードであるC1と補充審査コードであるF1を入力します。もし検索式を直接作成したい場合、文献種類コードのフィールド指定演算子で「KC」をご利用いただけます。

▲ WIPS global 「検索結果リスト」

検索結果で再審査と補充審査が発生した文献リストをご確認いただけます。
6件がヒットしました。次に文献を選択して内容を確認してみます。

▲ WIPS global 「詳細表示画面」

詳細表示画面の「Certificate history」項目で、権利範囲変更があったかを確認できます。C1(再審査)とF1(補充審査)が記載されていることがわかります。

▲ WIPS global 「原文PDF表示」

詳しい内容は原文でもご確認いただけます。「原文PDF表示(PDFアイコン)」の類型別タブから必要な情報をご確認ください。

ここまで、WIPS Globalで再審査が行われたアメリカの特許を探す方法をご紹介いたしました。
アメリカの権利範囲変更が気になる場合、文献種類コードを活用して簡単に検索してみてください!


Japan Tel: +82-2-726-1113, 1107 | Fax: +82-2-777-7334 | wips-jp@wips.co.kr

2023年1月12日木曜日

【IP ISSUE】地球を守る「ネットゼロ」

ネットゼロ? 

「ネットゼロ」とは、「気候中立」と同じ意味で1997年12月に京都議定書で規定した6大温室ガス(二酸化炭素、メタン、一酸化二窒素(亜酸化窒素)、ハイドロフルオロカーボン(HFC)、パーフルオロカーボン(PFC)、六ふっ化硫黄(SF6))の排出量を「0(ゼロ)」にする活動を言います。
今回の投稿では、きれいで清い地球を守るためのみんなの動き「ネットゼロ」に関する特許技術を調べてみたいと思います。

▲ pixabay.com

ネットゼロと炭素中立は何が違うか?

一見すると多少慣れている炭素中立とネットゼロは、概念と意味が似ているように見受けられます。
無論、ネットゼロと炭素中立の目指すのが気候危機と変化を防止してきれいな地球を守るためであるというところは同じですが、二つの活動の概念と遂行方法においてはそれぞれ違う部分があります。

▲ pixabay.com

ネットゼロと炭素中立の最も大きい差は、時点です。ネットゼロは二酸化炭素量をゼロ化する活動である反面、炭素中立は既に発生した二酸化炭素の排出量を最小化する活動を意味します。

温室ガスのゼロ化

産業化以後、化石燃料の生産と消費が本格的に始まり二酸化炭素の排出量もまた日々増加してきました。
この二酸化炭素を含んでいる温室ガスが地球温暖化の主犯です。
特に温室ガス低減は石炭燃料を資源として使用する精油産業で最も重要なキーです。

▲ Wipsglobal.com、KR 10-2458784 B1、「温室ガス排出の低減のための循環資源を利用した無機化合物の製造方法」

上記の技術は、現代オイルバンク(HYUNDAI OILBANK)で開発した技術で工程現場で発生する二酸化炭素を捕集して別途の乾燥工程や炭酸化促進のためのpH調節用添加剤を使用しなくても無機化合物を製造できるそうです。

温室ガス排出源の代替エネルギー化-バイオマス

バイオマスは生物から得たエネルギー、木などの動植物資源から家畜の糞便、おがくずに至るまで有機性廃棄物を意味します。
この中には温室ガスを排出するメタンも含まれます。
しかし逆説的にも温室ガスを排出するこのバイオマスが新しい代替エネルギーの一つとして浮かび上がっています。

▲ Wipsglobal.com、KR 10-2411079 B1、「微細藻類を利用したバイオディーゼル及び脂肪酸の製造方法」

上記の技術は不飽和脂肪酸が多量に含まれているバイオマス(微細藻類オイル)を利用してバイオディーゼル燃料として使用できる航空燃料やオメガ‐3脂肪酸と同じ高付加価値物質を生産するSKエコプライム(SK ECO PRIME)の技術です。

微細藻類を始めとしたバイオマスは環境物質を含んでいて各種燃料はもちろん、動物の餌から化粧品、食品素材などに素材化できる可能性があるそうです。

また、バイオマスは水素を生産できるエネルギー源にもなりえます。
現代自動車(HYUNDAI MOTOR)はイオン性の液体を利用してバイオマスを前処理して水素を生産できる技術を開発しました。

▲ Wipsglobal.com、KR 10-2022-0055987 A、「バイオマスを利用した水素生産方法」

のみならず、現代自動車は既に2012年にバイオマスで作ったバイオエタノールを燃料にするエコカー「HB20X」を発表しています。

資源の再活用

環境保存のための最も基礎活動である資源の再活用もやはりネットゼロ実践のための主力活動といえます。

▲ Wipsglobal.com、KR 10-2022-0145153 A、「廃油分から製造された溶剤組成物及びこの製造方法」

SKイノベーション(SK INNOVATION)は余った廃油分を産業的に使える溶剤に転換して廃油が温室ガスなどの環境に有害なガスに転換される危険性を除去する技術を開発しました。

再活用される廃油分には廃プラスチック熱分解油、バイオマス、再生潤滑油などが含まれるそうです。この技術がどんどん発展すると大気環境を脅威する化石燃料がむしろ環境保護と実用性を高められる媒介に進化できそうです。

▲ Wipsglobal.com、KR 10-2447931 B1、「廃電池の環境親和再活用方法」

エコプロマテリアルズ(ECOPRO MATERIALS)は、廃電池をエコ的に再活用するための技術を開発しました。
この技術は電気自動車またはエネルギー蓄積システムに使われた中大型廃電池を利用して有価金属が含まれた複合化合物を製造して有機不純物は別途回収するように構成されて廃電池をエコ的な方法で再活用できるそうです。

▲ pixabay.com

ここまでで、ネットゼロに関する技術ついて調べてみました。
最近、真冬の季節に合う猛烈な寒波が続きましたが、またここ数日は地域別に15℃を上回るほど暖かかった日も結構ありました。
こんな時ならぬ高温現象もまた地球温暖化によって触発された現象の一つです。
どんどん深刻化する地球温暖化、気候危機に対応するためのネットゼロの概念と実践的行動がもっと拡散されることをお祈りします!


Japan Tel: +82-2-726-1113, 1107 | Fax: +82-2-777-7334 | wips-jp@wips.co.kr

2023年1月4日水曜日

【WIPS】明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます!


2023年が始まりました!
2022年にも格別のご愛顧を賜り、厚くお礼申し上げます。

今年もこのブログを通じて、皆様に様々な情報をお届けできるように
最善を尽くして参りますので、今後も変わらぬご支援をお願いいたします。

まだコロナ禍が終息していない状況でございますが、
皆様のご健康とご多幸を心よりお祈りいたします。



Japan Tel: +82-2-726-1113, 1107 | Fax: +82-2-777-7334 | wips-jp@wips.co.kr

2022年12月27日火曜日

【WIPS】2022大韓民国有望特許技術大賞受賞!

WIPSが去年に続いて「第17回目2022大韓民国有望特許技術大賞(DX/デジタル転換)」部門を受賞いたしました。

「大韓民国有望特許技術大賞」は、毎年行われる授賞式であり、
優秀な特許技術開発に尽力し、
特許創出に従う競争力強化と産業成長に寄与した企業たちに賞を与える授賞式です。

▲第17回 2022大韓民国有望特許技術大賞 出処:特許ニュース

WIPSは今回の授賞式において、
去年発表した融合ビッグデータサービスである「Build」リリース以後、
AIと融合ビッグデータを活用した知的財産調査及び分析、コンサルティング、融合データサービスプラットフォーム提供を通じた企業たちのDX転換と韓国の知的財産産業発展に寄与した功労を認められました。

WIPSは先月、韓国の産業デジタル転換(DX)活動に寄与したことを認められ、
「2022年韓国産業知能化大賞」でも長官表彰を受賞しています。

今回もWIPSが産業デジタル転換に寄与した功労を認められたことで、
韓国の知的財産代表企業としての技術力と立地を立証できるようになりました。

▲出処:特許ニュースマガジン

今後もWIPSは、企業たちの知的財産関連業務の効率向上とニーズに応えられる差別化されたソリューション開発はもちろん、知的財産産業の成長とデジタル転換のための研究開発に邁進して参りますので、
今後とも弊社共々よろしくお願いいたします!


Japan Tel: +82-2-726-1113, 1107 | Fax: +82-2-777-7334 | wips-jp@wips.co.kr

【IP ISSUE】私たちの食卓を守って!「アグリテック」

深刻な気候変化と国間の紛争、農作物生産量の低下によって世界の食糧危機はどんどん深化しています。もう伝統的な農業方式で我々の食卓を守れない状況が近づいているのです。 今回の投稿では先端IT技術で農業革新を成し遂げる「アグリテック(Agritech)」について調べてみたいと思います。...