2024年4月25日木曜日

【WIPS Global】特許訴訟が提起されたアメリカの特許を簡単に探す方法

国内企業が競争が激しい世界市場に活発に進出して、外国企業との国際特許紛争に巻き込まれるケースが増えています。特に世界の企業たちの角逐場であるアメリカ市場での特許紛争が深化しています。
アメリカは特許の最も中心的な国であり、世界的な訴訟はすべてアメリカを中心に発生しているといっても過言ではありません。アメリカは市場競争において特許技術の先占の重要性に気づき、早くから政府の主導のもとで主要源泉技術に対する特許権を確保してこれを利用した攻撃的な戦略を体系的に準備してきました。そして個別企業においても特許攻撃システムを完璧に備えています。

このようなアメリカ市場で増加し続けている特許侵害または無効訴訟過程にある特許は重要な特許である場合が多く、この訴訟結果は該当特許の権利に関連する企業のビジネスにも大きい影響を与えます。また、特許訴訟を進める当事者のみならず関連産業の企業たちもこのような情報に敏感になりざるを得ません。

WIPS Globalではアメリカでの特許訴訟と訴訟が提起された特許を検索できるUS訴訟検索機能をご提供していて、アメリカ特許訴訟情報と共に関連特許に関する詳しい情報を確認できます。
今回のポストではUS訴訟検索について詳しくご紹介したいと思います。


WIPS Globalの訴訟検索では、検索フィールドを活用してアメリカ管轄裁判所で発生した特許訴訟ケースを検索することができます。
管轄機関を選択して検索したりまとめて検索することもできます。
*管轄機関:連邦地方裁判所(Federal District)、国際貿易委員会(ITC:International Trade Commission)、連邦巡回控訴裁判所(CAFC:Court of Appeal for Federal Circuit)、連邦最高裁判所(Supreme Court)


検索を実行すると検索条件に該当する訴訟ケースリストが結果として表示されます。ケース番号やケース名をクリックすると該当訴訟の詳細な内容を確認できます。
・検索結果フィルター:主要項目-管轄裁判所、原告、被告、出願人代表名化、登録番号、IPCなど-の統計情報を利用して選択した項目に該当する訴訟情報を確認できます。
・訴訟単位グルーピング:最初原審ケースと関連するケースをグルーピングして各管轄で発生したケースを集めて一つのケース単位で検討できます。


検索条件に該当するケースを特許基準に検索結果を確認出来て、各特許の紛争情報の詳細情報を確認できます。


アメリカ連邦地方裁判所、PTAB、ITC、CAFC、連邦最高裁判所のケースの詳細情報を確認できます。ケースの審理、人名、ケースヒストリーなど訴訟全般の内容をご提供します。


該当ケースの原文のケース進行リストと各書類の要約情報をご提供します。


ケースの原審と控訴審が存在する場合、ケースの流れを把握できるチャートを確認出来て、該当ケースの紛争が提起された特許と関連する他の管轄でのケースリストもご提供します。
また、訴訟と関連する特許リストを確認出来て、これは訴状(complaint)に記載された特許文献を抽出してご提供します。


訴訟情報は一般検索‐フィールド、番号、ステップなど-を通じた詳細表示の「訴訟(Litigation)」タブでもご確認いただけます。

ここまで、WIPS Globalのアメリカ特許訴訟検索機能をご紹介しました。
様々な詳細情報を活用したWIPS Globalの訴訟検索機能で関連訴訟の詳細で正確な情報と進捗状況までご確認ください。


Japan Tel: +82-2-726-1113, 1107 | Fax: +82-2-777-7334 | wips-jp@wips.co.kr 

0 件のコメント:

コメントを投稿

【WIPS Global】効率的な無効調査のための「Invalidation Advisor」

特許無効資料調査とは、主に特許権者の権利侵害主張に従う特許を無効化できる先行資料調査を意味して、第三者が特許権者の侵害主張に対応して積極的に特許無効資料調査を遂行するため、特許庁の審査官が審査時に発見できなかった有力な引用発明を探す場合もあります。特許無効資料調査は特許の無効審判...