2023年12月22日金曜日

【WIPS Global】ヨーロッパの単一特許、統合特許裁判所そしてオプトアウト

2023年6月1日からヨーロッパ単一特許(Unitary Patents, UP)と統合特許裁判所(Unified Patent Cours, UPC)が出帆しました。ヨーロッパの国々は既に2013年に実質的なヨーロッパの単一市場化のために域内で自由な技術の移動を後押しできるヨーロッパ各国の知的財産権制度の統合に同意しています。その後、各国の意見統合に困っていましたが、10年ぶりにようやくUP/UPC制度の実施に一歩踏み出すようになりました。UP/UPC制度はヨーロッパの17カ国で一括に特許登録になり、権利失効も一概にできるという画期的な制度です。17カ国が実質1カ国としてみなされるということです。
(17カ国批准国:オーストリア、ドイツ、オランダ、ベルギー、ポルトガル、ブルガリア、イタリア、スロベニア、デンマーク、ラトビア、スウェーデン、エストニア、リトアニア、フィンランド、フランス、ルクセンブルグ、マルタ)

ちなみに、ヨーロッパ特許出願と審査申込が英語、フランス語、ドイツ語以外のEPCの言語で提出された場合、EU会員国に居住する中小企業、自然人、非営利団体、大学及び公共研究機関は500ユーロの「補償制度」の支援をもらえます。

<単一特許選択の長所と短所>

統合特許裁判所
統合特許裁判所は侵害訴訟及び無効訴訟のみならず損害賠償、ライセンスに関する訴訟など、ヨーロッパ特許の諸般法律関係に関する事項を包括的に管轄します。統合特許裁判所の対象には単一特許だけではなく既存の一般ヨーロッパ特許も含まれますが、一般ヨーロッパ特許に対する統合特許裁判所の判決の効力はそのヨーロッパ特許が登録された全ての会員国に影響します。つまり、該当ヨーロッパ特許が登録された全ての地域で統合特許剤番所の判決の効力が単一に発生するということです。これによって、一般のヨーロッパ特許に対する無効訴訟が統合特許裁判所に提起された該当統合特許裁判所で無効判決が宣告される場合、該当特許が登録された全ての国で特許が無効になります。

OPT‐OUTの考慮
統合特許裁判所を通じて無効訴訟が提起された該当特許が無効になる場合、指定国全体の特許が無効になり得るので、これを防止するためにOPT‐OUTを考慮する必要があります。OPT‐OUTをするとファミリー特許は国ごとに別の特許として有効に存続するようになります。ファミリー特許が一つの特許に扱われないので、ある国の特許が無効になっても他の国にその効力が影響しません。

一方、指定国の指定に従ってEU会員国に発効された登録特許はOPT‐OUTしないと、ヨーロッパの個別国の裁判所とUPCの並行管轄権が承認されます。従って、個別国の裁判所での特許訴訟とUPCでの特許訴訟がすべて可能になります。もしOPT‐OUTをしたとしても1回に限ってこれを撤回(opt back-in)して専用の管轄権をUPCに戻すことができます。

<単一特許と統合特許裁判所制度施行に従うEP特許の権利類型区分>

WIPS Globalでは、単一特許と統合特許裁判所に関する特許情報を提供し始めました。
どのような機能で該当情報を確認できるか、以下にご紹介したいと思います。

▲ Wipsglobal.com <WIPS Globalのフィールド設定>

フィールド検索の検索フィールド設定において、「統合特許裁判所(Unified Patent Court)」検索フィールドを追加できます。検索フィールドを追加すると単一特許、OPT‐OUT、OPT-OUT以後の削除(Delete after OPT-OUT)、OPT-OUT以後の撤回(Withdrawal after OPT-OUT)の4つのチェックボックスが現れます。

▲ Wipsglobal.com <WIPS Globalのフィールド設定>

「TIP」のご案内を通じて、各類型別の詳細な説明をご参考いただけます。

▲ Wipsglobal.com <WIPS Globalの検索結果フィルター>

検索結果フィルターでも「統合特許裁判所」項目を確認できます。こちらもまた4つの権利類型を確認出来て、項目別のチャートもご確認いただけます。

▲ Wipsglobal.com <WIPS Globalの詳細表示画面>

詳細表示画面でEP特許の権利類型を確認出来て、単一特許の場合はEPOリンクを通じて特許の詳細な内容を確認できます。
▲ Wipsglobal.com <WIPS Globalの詳細表示画面>

詳細表示の行政事項タブ(Legal Info.)で権利類型と日付の確認ができます。単一特許の場合には行政事項タブでもEPOリンクがついています。

▲ Wipsglobal.com <WIPS Globalのダウンロード>

「統合特許裁判所」項目はダウンロードも可能です。Special Fieldで「Unified Patent Court(統合特許裁判所)」項目を選択するとエクセルファイルでダウンロードできます。

今回のポストでは単一特許と統合特許裁判所、そしてオプトアウト(OPT-OUT)について調べてWIPS Globalに適用された内容もご紹介しました。単一特許及び統合特許裁判所に対する新規サービス情報は出願人及び出願国の状況と特許技術の重要性の把握にもとても有用だと思います。WIPS Globalで新しくご提供する情報がEP特許をもっと正確に確認するのに少しでもお役立てるとうれしいです。


Japan Tel: +82-2-726-1113, 1107 | Fax: +82-2-777-7334 | wips-jp@wips.co.kr

0 件のコメント:

コメントを投稿

【WIPS Global】効率的な無効調査のための「Invalidation Advisor」

特許無効資料調査とは、主に特許権者の権利侵害主張に従う特許を無効化できる先行資料調査を意味して、第三者が特許権者の侵害主張に対応して積極的に特許無効資料調査を遂行するため、特許庁の審査官が審査時に発見できなかった有力な引用発明を探す場合もあります。特許無効資料調査は特許の無効審判...