2022年12月19日月曜日

【WIPS Global】発明の視覚化、図面符号検索

特許明細書においての図面は、発明を理解するための参考または補助的なものに過ぎないです。発明の詳細な説明と特許請求範囲が最も重要であり、図面は参考資料程度であるため必ず提出しなければいけない必須的な要素でもないです。
しかし、図面がなければ発明の理解が難しい場合が多いです。テキストだけで特定技術をなるべく詳しく記述したとしても、そのテキストを読んでどんな技術なのか正確に理解するのは難しいです。そういう場合、詳細な説明と共に絵や写真を合わせて表示すると誰でも同じイメージを思い浮かべるようになります。
特許明細書の図面の役割がこれです。テキストで書かれた発明の内容の特徴を視覚的によく表して特許請求範囲を補足して説明することで、発明の内容をもっと易しく明確に理解できるようにサポートします。
特許明細書の図面は、出願人(特許権者)の立場からは権利解説書、審査官/審判官の立場からは審査・審判の対象、第3者の立場からは技術文献としての役割を果たします。

▲WIPS Global 「Drawing Text Search(図面符号検索)」

WIPS Globalには、今年の11月に「Drawing Text Search(図面符号検索)」が新しく追加されました。図面符号を検索して必要な図面だけ編集して活用できる機能です。
今回のポスティングでは、WIPS Globalの新しい機能「Drawing Text Search(図面符号検索)」についてご紹介したいと思います。

▲WIPS Global 「Drawing Text Search(図面符号検索)」

WIPS Globalの図面符号検索は、技術キーワードが含まれた「図面符号」を検索する機能です。特許には図面自体にも重要な技術情報が多数含まれていて多くの実務の方々は図面の符合や説明に挿入された情報で検索したいというニーズがあります。図面符号検索は図面中心の特許レビューが可能な機能で、現在はUS、JP、KRデータを対象に提供しています。

▲WIPS Global 「Drawing Text Search(図面符号検索)_検索結果」

キーワード検索を実行すると検索結果文献リストと共に検索結果フィルターを通じて核心キーワード、主要IPC、第1出願人、ステータス情報、出願日情報などをグラフで確認できます。検索結果も図面と説明、または図面中心で検討が可能です。

▲WIPS Global 「Drawing Text Search(図面符号検索)」_図面レビューモード

<図面レビューモード>
①図面符号を編集できる図面編集機です(下記で詳しく説明)。
②個別図面の符号リストからキーワードを選択できます。選択したキーワードは検索式に自動入力されます。
③自動入力されたキーワードは、編集して検索式として作成することができます。

▲WIPS Global 「Drawing Text Search(図面符号検索)」_図面編集機

<図面編集機>
図面と共に図面符号説明を簡単で便利に検討できます。図面符号の色を変更したり図面上のテキスト位置移動及び削除、画像保存、テキスト追加、図形及び線の追加など様々な編集機能を利用して望む通り活用できます。
①図面符号やテキストの色を変更できます。
②図面から自動抽出した符号やテキストが表示され、画像にも符号と説明が一緒に表記されます。
③選択した色が同じテキストすべてに適用されます。

▲WIPS Global 「Drawing Text Search(図面符号検索)」_請求項-図面マッピング

<請求項-図面マッピング>
請求項内のテキストと図面符号が同じ場合、テキストの隣に図面符号(番号)が表示されて図面と共に請求項を検討できるとても便利な機能です。既存に請求項と図面符号を一々マッチングして確認しなければならなかった不便さを解除できます。請求項‐図面マッピング機能は詳細表示>請求項タブとイージービューアーで利用できます。

▲WIPS Global 「Drawing Text Search(図面符号検索)」_イージービューアーのマッピング

以上でWIPS Globalの新しい図面符号検索機能を簡単にご紹介いたしました。
前述したように、図面は発明の説明に対する視覚資料として発明をもっと易しく明確に理解できる重要な要素です。
WIPS Globalの図面符号検索機能を通じてより便利で効率的に業務を行ってください!


Japan Tel: +82-2-726-1113, 1107 | Fax: +82-2-777-7334 | wips-jp@wips.co.kr

0 件のコメント:

コメントを投稿

【WIPS Global】効率的な無効調査のための「Invalidation Advisor」

特許無効資料調査とは、主に特許権者の権利侵害主張に従う特許を無効化できる先行資料調査を意味して、第三者が特許権者の侵害主張に対応して積極的に特許無効資料調査を遂行するため、特許庁の審査官が審査時に発見できなかった有力な引用発明を探す場合もあります。特許無効資料調査は特許の無効審判...